薄毛対策としての洗髪方法

薄毛対策を意識しながら洗髪をする際は髪の毛が長い方はもちろん短めの方であっても手ぐしや目が細かくない櫛、ブラシを使用してブラッシングを行ってからシャンプーを開始しましょう。

ブラッシングを行うと絡まっている髪の毛を解す事ができて引っかからず優しく洗えるようになる上に、埃や汚れが除去しやすくなります。

洗髪を開始する時には、すぐにシャンプーを使用して洗い始めるのではなく最初はお湯を用いて洗う事が大事なので、髪の毛が短めであっても38度の温めに設定したお湯できっちりと洗い流します。

38度という温めのお湯を用いる理由は温度が高すぎると頭皮への負担が大きくなってしまう上に、残しておくべき脂分まで落としてしまい乾燥を誘発し薄毛になりやすいためです。

お湯を用いてきっちりと洗い流した後はシャンプーを手にして洗い始める事になりますが、シャンプーは液剤を手に取った後にすぐに頭皮に付けずに、手にひらに出した後は少量の水を足しつつ泡立てた上で優しく髪の毛に乗せて洗い始めましょう。

洗う際には後頭部や側頭部、前頭部などの生え際を起点として頭頂部に向かい指の腹を用いてマッサージする様子で洗っていく事がポイントであり、頭部の全体に対し泡がまんべんなく行き渡るように洗います。

薄毛になっている頭皮環境は刺激に弱くなっている事に加え、お湯やシャンプーによりますますデリケートな状態になっているので、爪で洗うなどの刺激を加えない事が大切です。

隅々まで優しく洗い上げられた後は再びお湯を使用して洗い流していきますが、洗い流す段階は薄毛対策のための洗髪の方法で特に重要性が高いです。

シャンプーが残ってしまわないように多くのお湯と時間を使用して泡を流していかなければ、洗い流す事ができなかったシャンプーの成分によって毛穴が詰まってしまいより一層薄毛になります。

髪の毛というのは水に浸されると水分を吸収して膨張する事に加えて著しく柔らかくなるため、水分を含んだままで過ごし続けると些細な摩擦によっても表面上のキューティクルが傷付き傷みが生じます。

そのため、洗い終えた後は吸収性に長けているバスタオルでよく水分を吸収させる事が欠かせませんが、タオルドライを施す時にも摩擦を与えないように優しく押し当てるようにしましょう。

タオルドライが完了した後は全体的に風を与えて水分を吹き飛ばすようにしてドライヤーを使いつつ、終える前には冷風にして全体的に冷やすと髪が綺麗になりますし、頭皮環境も健康的になります。

タイトルとURLをコピーしました