薄毛コラム

薄毛の人の見られ方

薄毛の人の見られ方

若く見られない

男性も女性も薄毛の症状が進むと、頭全体のボリュームがなくなり若く見られないという問題が発生します。

男性の場合は、頭髪の状態が1センチ後退すると見た目の年齢が3歳から5歳ほど高くなります。

頭髪は見た目の年齢と深い関係があるため、薄毛で悩んでいる男性は多いです。

薄毛の男性の多くが男性型脱毛症で悩んでいます。

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は進行性の脱毛症なので、対策をせずに放置していると症状が悪化します。

中高年世代に多い男性型脱毛症ですが、最近は20代から30代の若い男性もAGAで悩む人が増えています。

見た目にも大きな影響を与える男性型脱毛症の原因は男性ホルモンや遺伝、生活習慣の乱れなどです。

誤ったヘアケアや喫煙習慣、偏った食生活も抜け毛の原因になります。

若いのに薄毛の症状が出ている男性は、遺伝の影響を受けている可能性もあります。

個人差はありますが、一般的に男性型脱毛症を発症すると頭頂部や前頭部の毛髪が薄くなります。

苦労している

髪型やヘアケアやヘアスタイリングに無頓着で美意識が低い。

顔のシワやシミやたるみなどのエイジングサインと相まって老け顔に見える。

シャンプーが不十分であることが頭皮環境の悪化につながっているというイメージが強く不潔な印象を抱くなど、薄毛の人の見られ方は様々ですが、仕事が忙しくてストレスが多くて苦労しているというのもその一つです。

薄毛だと苦労人というイメージが抱かれがちです。

ホルモンバランスが乱れてそれが頭皮環境の乱れにつながる。

油っこい食べ物を食べ過ぎて地肌の皮脂が過剰に分泌され皮脂が毛穴に詰まって髪の毛が成長しにくくなる。

加齢によるコラーゲンの減少や湿度の低下で地肌が乾燥してヘアサイクルが乱れる。

シャンプーやスカルプケアが不十分で頭皮の血流が悪くなっている。

体の冷えや運動不足や加齢に伴う代謝の低下で頭皮が血行不良に陥っているなど、薄毛の原因には様々なものがありますが、ストレスや疲れによる自律神経のバランスの乱れも原因の一つであるため、苦労しているという印象になってしまいます。

周りに心配されてしまうという方も多いのではないでしょうか。

抜けてしまった髪の毛を取り戻すのは至難の業ですが、抜けないように予防をするのはさほど難しいことではありません。

今からでも遅くありませんので、積極的な対策を講じて薄毛の予防をしていきましょう。

具体的な方法についてですが、油っこい食事はなるべく控えて脂質の代謝を促す働きをするビタミンB群を意識的に摂取する。

新陳代謝を活発にさせるために水分補給をこまめにしたり適度な運動をしたりする。

正しい方法でシャンプーをしてシャンプー後は育毛剤を塗布してマッサージやツボ押しをする。

早寝早起きを心がけて睡眠時間をたっぷりと確保し良質な睡眠をとって成長ホルモンの分泌を促す。

自律神経の乱れによる代謝の低下を防ぐためにストレス解消や疲労回復を意識するなどがあります。

シャンプーや育毛剤による物理的なケアだけではなく、食生活を見直したり運動をしたり睡眠の質を高めたりなどの体の内側からのインナーケアにも力を入れるべきです。

頭皮環境の改善を意識した健康的な生活を送っていれば、顔色も明るくなり肌のコンディションや体調も良くなりますので、疲れている印象や苦労している印象を払拭することが出来ます。

姿勢が悪かったり白髪をそのままほったらかしにしていたり肌が汚かったりするのも苦労人に見えてしまう原因になりますので、頭皮以外の部分のケアも忘れないようにしましょう。

この記事を書いた人
薄毛志士(ヒデキ)
40代サラリーマン ある時、大学生の娘に「パパってはげ(笑)」と言われ薄毛志士となる。しかし、1年ほどであっけなくはげを克服し免許皆伝の域へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です